曇り

高速での仕事だったー!こんなに効率良くパン焼けたのは初めてかもしれない。いつも7時には全ての種類を焼き切ろうとするのだけれど、どうしても発酵のタイミングが合わなくて8時前までかかってしまうんだよね。大きなホイロがもう1台あれば違うんだろうけどー設置場所が無い・・・一番の作業はリターダーが発酵まで進めてくれるので早いんだけど、総菜系はいかんともし難い。作業時間を考えるとコストかかってるなぁ。でも朝からガッツリと食べたい人、多いんですねー。コッテリ系とか、肉系もバシバシと売れる。僕はどちらかというとストレート系オンリーなパンのほうが朝には嬉しいんだけど。
あ、朝はパンじゃなくてお米食べてます(笑)

そして昨日の頭痛は嘘のように体調も快適!自転車こぐのもしんどくなーい。この元気はどこから出て来ているのだろう。副作用がないか怖いかも。今日はお天気悪いし、おうちで読書してゆっくりしておこう。病み上がりとか、すぐにはしゃいで、動き回って、
そしてぶり返す…そういう人です、僕は(・∀・

PMA開催中のニュースをまとめてみよーかなーなんて。なんでもアリだなこのブログ…まぁ自分のブログだから何しようがOKということでー。一応写真のニュースだしね。随時ここを更新していきますー。気になる製品はあるかな?




Panasonic
DMC-GH1発表
* GH1は、AVCHDフォーマットで高解像度の1920x1080 24fpsまたは、スムーズな1280x720 60fpsのHD動画を記録することができる(Motion JPEGでは最大1280x720 30fps)。録画中にはコンティニュアスAFが可能
* 顔認識は個人を識別することが可能で、特定の人物に優先的にピントや露出を合わせることができる
* アスペクト比には4:3や3:2、16:9に加えて1:1が追加された

LUMIX G VARIO 7-14mm F4.0 ASPH(マイクロフォーサーズ用)を発表
* 超広角レンズなのに、驚くほどコンパクトで軽い(全長83mmx直径70mm、重さ300g)
* レンズは12群16枚で2枚の非球面レンズと4枚のEDレンズを含み、解像力はワイド端でも四隅まで高い

LUMIX G VARIO HD 14-140mm F4.0-5.8 ASPH MEGA O.I.S.(マイクロフォーサーズ用)を発表
* インナーフォーカスとダイレクトドライブリニアモーターを併用し、スムーズで静かなAF動作を可能としている
* 4枚の非球面レンズと、2枚のEDレンズを含み、劇的な小型化(全長84mmx直径70mm、重さ460g)を実現しているにもかかわらず、歪曲や色収差を最小限に抑えている

Canon
EOS KISS X2が3月6日からキャッシュバック
KissX2後継機は「PMAで登場しなければ春遅くになる」という噂がちらほらと出ていますが、キャッシュバック終了後にKissX2後継機が登場するとすれば、ちょうどこの噂と時期的には一致することに

ソニー
DT50mm F1.8など6機種のα用交換レンズを発表
* 超望遠レンズ(焦点距離は明らかにされていない)
* 28-75mm F2.8
* DT55-200mm F4-5.6
* DT18-55mm F3.5-5.6
* DT50mm F1.8
* DT30mm F2.8

シグマ
シグマ 換算41mmのレンズを採用したDP2を発表
シグマからFOVEON X3採用のコンパクトデジタルカメラ「DP2」が発表
* 1400万画素 FOVEON X3ダイレクトセンサーを搭載
* 24.2mm F2.8(35mm版換算41mm相当)レンズを搭載
* DP1のコンセプトを継承した上で更なる高画質化や、操作性、利便性の向上を目指した
* 広角域はDP1、標準域はDP2と使い分けができ、撮影範囲が広がる

シグマ 10-20mm F3.5 EX DC HSMなど3機種のレンズを発表
*SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
*SIGMA 50-200mm F4-5.6 DC OS HSM
*18-50mm F2.8-4.5 DC OS HSM

PENTAX
ペンタックスDA15mm F4 ED AL Limitedを3月下旬に発売
* 数値評価だけでなく、実機による画質評価を繰り返してレンズの味を追求
* デジタルへの最適化を図り、絞り解放からシャープでコントラストの高いクリアな画像
* ハイブリッド非球面と特殊低分散ガラスを各1枚採用し、超広角ではトップレベルの歪曲収差補正をはじめ、倍率色収差などの諸収差を良好に補正
* 最短撮影距離 0.18m
* 63mm(最大径)x39.5mm(長さ) 212g
* 2009年3月下旬発売 オープン価格


SAMSUN
レンズ交換式ミラーレスAPS-C機「NX」シリーズを発表
レンズ交換式ながら、EVFおよび背面液晶モニターをファインダーとして使用するデジタルカメラ。同じくミラーレスのオリンパス、パナソニック、シグマによるマイクロフォーサーズシステム規格と違うのは、撮像素子がAPS-Cサイズである点。画素数は非公開。マウントも独自システムを採用する見込みで、具体的なレンズのラインナップを含め、詳細は未定。シルバー、レッド、ブラックの3色のボディを展示。

[PR]
by n9ne2 | 2009-03-04 10:23 | 日記