花火大会

昨日は結局小雨の中での花火大会、写真は1枚も撮らなかったけどそれもまた良いかな。ゆっくりと花火を楽しむことだけに集中できたのは久しぶりかもしれない。ということで写真は無し。各地夏祭りが重なっていたようで多くの浴衣姿の人が町を歩いていたよ。晩夏、少し寂しい気分になるこの季節にまだ夏を楽しもう!と思えるイベントは嬉しい限り。

今日はちょっと長文

写真について、「実はこれは難しい写真なんだ」という説明は不要だと思った。カメラ自体がトイカメラできちんと撮ることが難しいのは理解できるし、ぼくは知識があるから凄いなとすぐ分かったんだけど、分からない人にそれを説明する必要があるのだろうか?
 きちんと撮れるカメラを使えば簡単な写真だ。言いたかったことはきっと彼の写真はノンフィクションだということだと思うのだけど誤解を招かない。かといって説明がなければ知らない人は知らないままで終わってしまう。見る人の楽しみが増える解説ならどんどん加えるべきだろうしね。ただ写真展という場で「見る」自由を奪いかねない、その人の印象を変化させかねない危険性も含んでいるんじゃないかな?と疑問に思った次第。ここはぼくの日記なので主観で書いてることを付け加えておきます。
[PR]
by n9ne2 | 2011-08-21 12:34 | 日記