倫敦

何故こんな時に行くのか?という人は圧倒的多数でなにかあったらボロクソに叩かれるんだけど、行くのにはそれなりの理由というか志、目標があってのこと。一般人には危険が及ぶようなことは少ないようだけどエリアによってはどうかわからない。

そもそも日本人は平和的というより日和見といったほうが正しいだろう。かっては日本にも激しい学生運動もあった。政府が悪いとか政治の責任だとか、世の中を自分たちで変えようとする動きが他の国に比べると非常に少ない気がする。いや、少ない。なにも過激な運動をしろというのではなく、もっと自分たちで動かなければならない。

今回の放射線の測定実施だって市民からの要望があって初めて政治が動いた。結果は恐ろしいものだったけど知らないよりマシだ。

頑張れ日本じゃなくて
頑張れ日本人!だろ。
[PR]
by n9ne2 | 2011-08-11 11:20 | 日記